1日目トレチノイン・ハイドロキノン治療【あごニキビ、ニキビ跡】第1回

あごニキビ_ニキビ跡_治療日記_1日目 治療日記
リリー
リリー

こんにちは!管理人のリリーです。

今日から、トレチノインハイドロキノンによるあごのニキビ、ニキビ跡治療をしたいと思います。
今後は、数日ごとに肌の様子や治療経過、副作用など書いていきます!

トレチノイン・ハイドロキノン治療日記【あごニキビ、ニキビ跡】第1回
トレチノイン・ハイドロキノンによる、あごのニキビ、ニキビ跡改善治療の日記です。様々な肌トラブル改善に効果が期待できるA-retGel0.05%(トレチノイン)とユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)を使用しています。汚肌を改善して、綺麗な肌を取り戻すために日々奮闘中!

使用するトレチノイン・ハイドロキノンを紹介

今回、私が使用するトレチノイン・ハイドロキノンは「エーレットジェル(AretGel)0.05%」と「ユークロマクリーム4%」です。
個人輸入代行の通販サイトで簡単に安く買うことが出来ます。

関連記事 トレチノイン、ハイドロキノンは通販で購入しよう
関連記事 トレチノイン・ハイドロキノンとは?

あごニキビ・ニキビ跡治療1

あごニキビ・ニキビ跡治療2

トレチノイン・ハイドロキノン治療1日目。ニキビ、ニキビ跡が複数あり全体的に赤みが広がっているので、
あご全体にトレチノイン「エーレットジェル(AretGel)0.05%」、ハイドロキノン「ユークロマクリーム4%」を使っていきます。

1日1回夜のみ
塗布箇所:あご全体
トレチノインエーレットジェル(AretGel)0.05%
購入先 : オオサカ堂
ハイドロキノンユークロマクリーム4%(ハイドロキノン)
購入先 : オオサカ堂
肌質 : 乾燥肌よりの混合肌
悩み : ニキビ、ニキビ跡、毛穴の開き、シミ、乾燥
化粧水 : b.glen(ビーグレン)QuSomeローション QuSomeローション
クリーム : b.glen(ビーグレン)QuSomeモイスチャーリッチクリーム QuSomeモイスチャーリッチクリーム

私のトレチノイン・ハイドロキノンの使い方

管理人のトレチノイン・ハイドロキノンの使い方を紹介します。

  1. 夜、洗顔後、ビタミンC誘導体化粧水 ビタミンC誘導体化粧水(b.glen(ビーグレン)QuSomeローション)で肌を整えます。
  2. あご全体にトレチノイン(エーレットジェル(AretGel)0.05%)を薄く塗り乾かします。
  3. 乾いたら、ハイドロキノン(ユークロマクリーム4%)を塗り乾かします。
    乾いたら、保湿の為にクリーム(b.glen(ビーグレン)QuSomeモイスチャーリッチクリーム)を塗ります。

私の場合、トレチノインやハイドロキノンが乾くまで少し時間がかかりました。
さらに詳しい使用方法や注意点についてはこちらの記事をご覧ください。
トレチノイン・ハイドロキノンの正しい使用方法と副作用

ネネ
ネネ

トレチノイン治療中はしっかりとUV対策することが大切なんだね♪

トレチノインAretGel0.05%・あご治療2

ハイドロキノンユークロマクリーム4%・あご治療2

AretGel0.05%(トレチノイン)について。白いですがジェル状で水っぽい感じです。のびが良く、大量に塗っても効果変わらないのに副作用が強く出るらしいので、少量で薄く塗りました。
ハイドロキノン(ユークロマクリーム4%)について。ゆるめのクリームです。こちらものびが良いです。

↓購入はこちら

トレチノイン
エーレットジェル(A-RetGel)0.05%
↓購入はこちら

ハイドロキノン
ユークロマクリーム4% 20g

関連記事 4日目トレチノイン・ハイドロキノン治療【あごニキビ、ニキビ跡】第1回
関連記事トレチノイン・ハイドロキノンとは?

使っている化粧水

私が使っているのは、b.glen(ビーグレン)QuSomeローション QuSomeローションです。
価格は5,400円 (税込)。
トレチノイン治療にはこのようなビタミンC誘導体化粧水を使うとさらに効果を高めることができます。
ビタミンC誘導体配合で保湿効果が高く、メラニンの生成を抑制する働きがあり、乾燥やシミ予防、改善が期待できます。
使い心地も良いですし、効果も実感しています。おすすめです♪

ビーグレンQuSomeローション・あご治療1

ニキビ跡

保湿に使っているクリーム

私が使っているのは、b.glen(ビーグレン)QuSomeモイスチャーリッチクリーム QuSomeモイスチャーリッチクリームです。
価格は7,560円 (税込)。
肌にハリとうるおいを与え、老化を予防するエイジングケアクリームです。
保湿力が高いのにべたつかず、使用感がいいです。

ビーグレンQuSomeモイスチャーリッチクリーム・あご治療1

美白ケア(本製品2)

トレチノイン治療にビタミンC誘導体を一緒に使う理由

ビタミンC誘導体はトレチノインと同じようにコラーゲンの合成を助けたり過剰な皮脂の分泌を抑えたりする美容成分です。他にもビタミンC誘導体は活性酸素を除去する作用があります。
しかしトレチノインには活性酸素を除去する作用は有りません。
活性酸素が増えるとコラーゲンを破壊しターンオーバーが乱れメラニンが過剰生成されます。
ビタミンC誘導体は増えすぎた活性酸素を除去してくれるのです。

トレチノイン治療中に使うビタミンC誘導体の中でおすすめなのが
新型(両親媒性)ビタミンC誘導体【3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸】です。
3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸は神経線維を抑制するという効果があります。

トレチノインは真皮まで届き作用する美容成分です。肌にはバリア機能があるため肌の奥(真皮)まで美容成分が届くことは普通は難しいのですが、トレチノインは肌のバリアを突破し真皮まで届く薬なのです。
ですのでトレチノイン治療中は肌のバリアが弱まり敏感肌になっているということになります。
敏感肌になっている時、肌ではこんなことが起きています。

健康な肌の図

刺激に敏感な肌

真皮にある神経線維が肌表面近くまで伸びてきているのです。
そのために普段感じない刺激まで感じやすくなってしまっている状態なのです。

そこでビタミンC誘導体【3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸】を使うと、神経線維を抑制する作用で肌への刺激を抑え肌を正常な状態へと戻す効果が期待できるわけです。

トレチノインは効果が高い分刺激が強い為、化粧水やクリームで少しでも肌への負担を減らすようにしましょう。正直、それでも副作用に苦しむこともありますがビタミンC誘導体の効果はそれだけではないのでトレチノイン治療には是非ビタミンC誘導体の化粧水を使ってみてください!

管理人が使用しているビタミンC誘導体配合の化粧水「QuSomeローション QuSomeローション」には型(両親媒性)ビタミンC誘導体【3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸】が配合されています。他にも肌トラブル改善に高い効果が期待できる水溶性ビタミンC誘導体【VCエチル】が配合されています。気になる方は使ってみてください。

このブログで紹介している内容は、私の肌に合った治療法で、他の方々に合うかどうかはわかりませんし、もしかしたら悪化してしまうことがあるかもしれません。
何か問題が起きてしまった場合は、すぐに病院へ行き、お医者さんに相談してみてください(‘ω’)ノ
また、写真の撮影が下手で写真の色が違うことが多々あります。なるべく同じ光加減で撮影できるよう頑張ります!
【高評価】QuSomeローション- b.glen(ビーグレン) | ビタミンC誘導体化粧水
私が使ってみて効果が高いと感じたビタミンC誘導体配合のb.glenビーグレンの「QuSomeローション」という高機能化粧水を紹介しています。使ってみた感想や効果、安く買う方法や通販の方法などを載せています。

注意事項
・個人輸入代行での購入は自己責任です。購入した薬などは他人へ譲ったり販売したりしないようにしてください。
・記事の内容は調査当時のものです。表示価格は為替レートの変動によって変わります。
・効果には個人差があります。

治療日記化粧品使ってみた